オーナーは注目!マンション管理会社のランキングで良い業者を選ぶ

転勤でもマイホームを保有

インテリア

手放さないマイホーム管理

マイホームを購入したのに転勤が決定した、という方も多く中には売却して処分するケースもあります。しかし、住宅ローンを利用して希望通りの家を手に入れたのに手放すのは惜しいという方のために、リロケーションという仕組みがあります。以前は普通借家契約の方法しかなかったので、特別な理由がなければ貸主から退去を求めることが難しい状況でした。しかし、2000年3月から定期借家契約が認められるようになり、期間を限定して家を貸す契約が可能となっています。そのため、転勤している期間中はマイホームを貸して、戻ってきたら自分自身がまた住むということが容易になったのも、リロケーションが活用される背景にあります。せっかく手に入れたマイホームを管理する手段として広まりました。

人が住むから維持できる

転勤になってマイホームには誰も住まないままにしておくことも可能ですが、その間のローン返済は続きます。さらに転勤先では賃貸住宅の家賃が発生するので、二重の支払いになるのと同じ負担です。この間にリロケーションしておけば、マイホームからは家賃収入が得られ、実質の支払いは賃貸の家賃のみとなるのもリロケーションが選ばれる理由です。人が住まない家は、水の流れが止まることや換気が不十分になるなど、家の維持・管理が難しくなるでしょう。リロケーションで人が住むことで、マイホームの手入れが行き届き維持にも繋がります。リロケーションを個人的に行う人もいますが、管理や経営をするのは大変です。遠方への転勤の場合、自宅の管理のために必要になる都度戻る時間を作るのも一苦労でしょう。そのため、リロケーション会社を利用する人も増えています。

このエントリーをはてなブックマークに追加