オーナーは注目!マンション管理会社のランキングで良い業者を選ぶ

賃貸用住宅の将来需要

メンズ

メリットのある不動産賃貸

建物の一般的な賃貸借契約であれば建物の持ち主は家主となって入居者との間で契約を取り交わして礼金、敷金等の他に家賃収入を得て、建物の維持、管理等を行うことになりますが、家賃収入は全額が自分のものとなります。ところが、サブリース契約では建物を所有していてもサブリース事業を行う不動産会社が家主から一括借り上げした上で入居者と賃貸借契約を結び、家主は家賃相場から一定の手数料を引かれた賃料を得るわけです。家主は周囲の実勢相場より低い賃料しか入りませんが、空き室が発生したり、家賃の滞納があっても一定の賃料が保証されているし、入居者管理する必要のない点が大きなメリットです。中には、30年一括借り上げ契約を打ち出している不動産会社もあるので、畑をつぶして賃貸住宅を建てて不動産会社に借り上げてもらう家主も現れるほどになっています。確かに不動産業界に疎い素人でも始められるメリットも考えられるので、最近はアパートやマンション等、賃貸用建物の建築に人気が高まっています。

ローン融資を使う賃貸住宅

様々なメリットがあるサブリース契約ですが、契約をする会社によっては契約内容が異なる場合があります。そのため、契約を結ぶ前に自分にどのようなメリットがあるのか確認をしておきましょう。そうすることで、契約会社とのトラブルや、物件所有者が不利益になるようなことを防ぐことができます。また、サブリース契約の知識を十分に持っていないと、低い家賃保証のまま契約を進めてしまう可能性があります。ですので、だいたい9割の家賃保証を受けられるように交渉してみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加