オーナーは注目!マンション管理会社のランキングで良い業者を選ぶ

賃料の設定

男の人

入居者を集めるために

企業による賃貸経営で、最も重視されているものは家賃相場です。というのも、家賃相場を大幅に上回る額で賃料を設定した場合、入居者が集まりにくくなるからです。企業が賃貸経営を始める場合、まずは資金を使って賃貸物件を購入することになります。その後は、入居者が支払う賃料で、使った資金を回収しなければなりません。入居者が集まらなかった場合には、資金は当然プラスにはなりませんし、これにより企業の存続が危ぶまれるようになるのです。もちろん、賃料を極端に安く設定すると、入居者が集まっても利益は少なめとなります。そのため多くの企業が、賃貸経営を開始するにあたって、家賃相場に詳しい不動産会社やコンサルタントなどに、賃料設定についてのアドバイスを求めています。

大規模修繕の費用

賃貸経営では、月々の賃料だけでなく、礼金や更新料による利益も入ってくることになります。入居者からは、多くの場合は敷金も支払われますが、敷金は原状回復のための修繕費として利用することになるので、基本的には利益になりません。しかし礼金と更新料に関しては、経営する側がそのまま受け取ることができるのです。したがって賃貸経営では、家賃相場だけでなく礼金や更新料の相場も確認する必要があると言えます。さらに賃貸物件では、老朽化が進んでくると大規模修繕が必要となります。この費用は経営する側が支払うことになるので、賃料も礼金も更新料も、それを想定しつつ設定しなければなりません。つまり大規模修繕についての知識も必要となるわけですから、そのためにも企業の多くが専門業者に相談しているのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加